過剰なSEOによるペナルティー

過剰なSEOによるペナルティー


検索エンジンスパム行為ではありませんが、SEOをやりすぎると ペナルティーが科されます。そして、順位が著しく下がる、またはサイト名で検索しても表示されないという状態になってしまいます。

ここでペナルティーと言いましたが、”フィルター”と呼ぶ人もいます。このフィルターに引っかかりしますとなかなか上位には表示されません。SEOはフィルターを掻い潜ってポイントを加算し、上位表示することなのです。


ペナルティーを受けてしまった場合

[対処法@]
まず絶対にして欲しいこと、それはペナルティーを受ける以前の状態に戻して、データの更新・反映を待つことです。何かきっかけがあってペナルティーを受けるわけですから、そのきっかけ以前の状態に戻してやれば復帰する可能性も高いということです。


[対処法A]
もしそれでも復帰しない場合は、サイトの大幅な変更が必要かもしれません。ペナルティーを受けた原因がわからないまま修正しても復帰する可能性は低いと思いますが、いずれにせよ何か対策をしなければならないことは確かです。


それ以外には、新規にサイトを制作し、これを新たにSEOをするのです。一見もったいないように思うかもしれませんが、時間的な労力と、長い目でのリスク分散にはこの方がいい場合も多くあります。


ペナルティーは特定のページのみに対しても科される

多くのサイトのSEOを行ってきてわかったことですが、ある特定のページに対してSEOをしすぎると、そのページだけが検索に反応しなくなります。

ほぼ同じ内容のページを作って別の名前を付けたとき、数週間だけですが上位に表示されました。しかし、結局は同じように検索に反応しなくなりました。

結論としては、SEOをするつもりではなかったページが上位に表示され、完璧にSEOをしたつもりのページが圏外に表示されるという事例もあるということです。 特に、googleのアルゴリズムでは非常によくあります。トップページに3つ以上のキーワードを設定した場合などにおいては、希望と違ったページが上位に表示されることが多々あります。そのため、キーワードごとに設定するページを予め変えておくこともいいかもしれません。


SEOの基本
SEOの基本、それは何もしないことかもしれません。

と言っても、サイトを制作し、放置しておくだけで自分の希望のキーワードで上位表示される可能性はほとんどゼロに近いと思います。
(※極めてニーズの低いキーワードであれば可能性はあります)

つまり、本当にそのキーワードに適した内容がサイト内に掲載されており、その内容がユーザーにとって有益な情報であれば、自然とサイトの人気は高まり、おすすめサイトとしてユーザーがリンクを貼ってくれることになるということです。


逆に、上位表示させたいと思っているキーワードとサイト内容が全く異なる場合(サイト内にそのキーワードが全く含まれていない場合など)、無理に上位表示させようとすることになるので、ペナルテイーの対象となる可能性は高いということです。


アンカーテキストの恐怖

アンカーテキストにどんどんキーワードを入れてみてください。あるところから急に順位が下がるのがわかると思います。
以前まではサイト内のキーワードの出現頻度だけに気を付けていればそれほど怖くなかったのですが、現在ではそういうわけにもいきません。googleのアルゴリズムはそんなに簡単ではありません。

アンカーテキストとは

メニューにキーワードを入れたりすることがよくありますが(例えば「SEO会社ティーケイティーのトップページへ」など)、見た目にも悪く、度が過ぎると危険です。
バランスを考慮しながら手法を考えてみましょう。

画像の代替テキスト(alt)に関しても同じことが言えますので、見た目にはわからないからと言ってむやみにキーワードを入れないようにしましょう。


ペナルティーに対する前向きな考え方

当然ですが、ペナルティーは受けないに越したことはありません。受けないように最善の注意を払って下さい。
しかしながら、ふとペナルティー、フィルターにかかったってことはよくあります。 ルールはいつも変わるものですので、落ち込まずに、試行錯誤してみましょう。
どうしてもうまくいかない場合は、新しいサイトで新しいビジネスを考えた方がストレスもなく幸せな結果が待っているかもしれません。

※検索エンジンスパムを奨励しているわけではありません。


営業時間/9:00〜18:00(月〜金)
TEL/0120-28-6789

お気軽にお問い合わせ下さい。


Copyright © TKT Inc. All rights reserved.